求人に有効なSNSの使い方まとめ

こんなに使える!求人に有効なSNS

SNSを多くの人が使う「今」の求人活動とは

最近増えているのが、個人のSNSを見ての優秀な人材のスカウトです。 このようなSNSを利用した採用活動は、「ソーシャルリクルーティング」と呼ばれています。 企業がより良い人材を獲得するために行う「ソーシャルリクルーティング」。 具体的にどのようなものなのでしょう。

採用担当者は見ている!SNS利用の注意点

LINEやTwitter、Facebook、Instagram。 これらのSNS、もちろん皆さんも利用していることでしょう。 何気なく利用しているこれらのSNS。 実は求職活動の大きな武器になるのです。 SNSを求職活動の有効な武器として使うためのポイントをまとめました。

企業のイメージアップ!求人におけるSNS利用のポイント

SNS大時代の昨今では、自社のホームページよりもFacebookやInstagramなどに力を入れている企業も増えてきました。 そのような企業の宣伝、イメージアップだけではなく、優秀な人材を採用するためのツールとしてもSNSは非常に役に立つのです。

SNSを見て、優良な人材を採用する

多種多様なSNS、ソーシャルネットワークサービスが活用される時代となりました。
今やこれらのSNSを全く利用していないという方は、ほとんどいないでしょう。

さらに、これらのSNSを、友人や仲間同士での交流だけでなく、ビジネスで活用することも増えてきました。
それは商品のプロモーションや商品開発などにとどまらず、採用ツールとしても大いに活躍するようになってきました。

人材採用ツールとしてのSNSの活用は、採用する企業側としては、その人材の人となりをよりよく知るためのツールに。
そして求職中の、仕事を探している個人としては、その企業についてより詳しく知るための最適なツールとして活用されています。

現代はもはや人材採用や求人にSNSは必要不可欠と言われており、なんと人材採用担当者の4人に1人がSNSを活用しているというアンケート結果が出るほどです。
その活用方法は、求人広告の掲載、SNSを通しての優秀な人材の直接のスカウトなど様々です。
また、応募者のSNSのチェックなども多くの人材採用担当者が行なっています。

指先一つで簡単に情報を発信できるSNS。
その手軽さ、利用者の多さから、企業の採用担当者や求職者にとって欠かせないツールとなるのは遠い未来の話ではありません。
しかし、指先一つで手軽に発信出来るぶん、注意しなければならないこともたくさんあります。
このページでは求人に有効なSNSの使い方とその注意点を上げていきます。

TOPへ戻る